妻夫木聡と柴崎コウの相性は?


楽天カードを作ってポイントをゲットしてからショッピングされると超お得です♪
↓楽天カードお申込みはこちら↓

柴咲コウと妻夫木聡の相性は?

柴咲コウとツマブキ聡の相性は?

ISD個性心理学からみる個性の3分類「太陽」「地球」「月」では、
柴咲コウ、ツマブキ聡2人とも「月」になる。

月の特性として、形が常に変わる。太陽や地球の動きによって新月から満月へと一定の時がない。

人間では月の個性の場合、相手に会わせてしまうところがある。自分で決定し切れない。

柴咲コウとツマブキ聡が食事に出かけた場合、「何が食べたい?」と聞かれても、お互いに「何でもいいよ」となかなか決まらないかも知れない。

又、月の個性は、人から何かものを頼まれた場合、「ノー」と言えないのも
特筆できる。

自分が相手にどう思われているかを非常に気にするところがあるので、恋愛
感情となると、柴咲コウ、ツマブキ聡2人とも、お互いに気持ちをいいだせ
ないかも知れない。周りがじれったく思ったりして・・・

柴咲コウが「月」ならば、ツマブキ聡は「太陽」が良かったのかも知れない。あくまでも私見だが・・・

従って、ISD個性心理学からすると、恋愛感情としての発展はどうか?
いい方向に進んで欲しいが・・・

柴咲コウと妻夫木聡の相性4

ツマブキ聡のISD個性心理学における分類は?

生年月日が1980年12月13日なので「月」の「くろひょう」になる。

くろひょうのキャラクターをもつひとは、何でもかんでも新しもの好きで、
最新の情報を集めたがる性分である。

次から次へと新しいものを追い求めるので、時には飽きっぽいとひょうかされることもある。

非常にプライドが高く、廻りから自分がどう思われているか常に気にするタイプである。面子や立場にこだわる。

男性には打ってつけの、人をまとめることが得意で、リーダーシップを発揮する。自分が話題の中心にいないと気が済まないタイプ。

かっこよさを重要視する単純なところもある。

何事も新しいものを取り入れる、いわゆる時代の先取りを自分のモットーにしており、人から持ち上げられることをことのほか喜ぶ。

正義感が強く、攻撃的だが、以外と傷つきやすいところもある。

かっこよさを重要視するタイプとすれば、ツマブキ聡にぴったりかも知れない。

柴咲コウと妻夫木聡の相性3

柴咲コウのISD個性心理学における分類は、生年月日が1981年
8月5日なので「月」の「たぬき」になる。

たぬきのキャラクターをもつ人の性格は、人柄よし、誰とでもお構いなく付き合いが出来る持って生まれた社交家である。

相手に対する言葉遣いは好感を持たれ、年長者や先輩達に可愛がられることが多い。

自己主張をあまりせず、人より一歩下って付き合うが、一歩前に出てしまうとそれまで抑えていたものが一気に噴き出す。

何でも断りきれず、安請け合いをする人のよさがあるが、ちょっとしたミスも目立つのが特徴。

うっかりという言葉がよく似合うきゃらで、約束や期限をついつい忘れてしまう。

これからいくと、無責任極まりないと思われがちだが、粘り強さと底力があり、帳尻を合わせよう合わせようとする。

一見おとなしそうだが、ひょうきんで明るい性格の持ち主である。

柴咲コウのイメージとしてはピッタシカンカン・・・といったところか?





柴咲コウと妻夫木聡の相性2

柴咲コウをISD個性心理学で個性を分類してみよう。

ISD個性心理学では、人間の個性の分類を動物のキャラクターによって表現している。

そして、その動物のキャラクターを大きく三つのグループに分ける。
キャラクターの特性を特にイメージしやすいように、「月」「地球」
「太陽」の三グループとしている。

この「月」「地球」「太陽」のイメージとしては、月は地球に潮の満潮・干潮などの影響を与え、地球は太陽からのエネルギーを吸収し、更に月は太陽がないとその輝きがないと表現できる。

いわばそれぞれの特性・個性がお互いに干渉し合っているということである。

柴咲コウのISD個性心理学での分類は次の記事で・・・

柴咲コウと妻夫木聡の相性

結婚まで噂?されている柴咲コウとツマブキ聡の相性は?

柴咲コウとツマブキ聡の相性をISD個性心理学から判断してみよう。

ISD個性心理学とは。

東洋哲学の壮大な流れにもとづいて、生年月日から人間の個性を判別するシステムであり、人間が生まれながらにもっている性格をあらゆる角度から分類、分析することである。

東洋哲学の基本は幾千年にもわたる万物流転の法則であり、東洋哲学を発祥する占星術として、四柱推命がある。

同じ東洋哲学を基礎としているISD個性心理学は四柱推命とは違い、人間が持っている本質を科学的に、更に体系的に洞察して、膨大な検証データや統計学を交えて、実質学として唱えられたものである。

基本は東洋思想の流れに基づいて、生年月日から人間の個性を判別する。
東洋思想に加え、膨大な検証データを加えることによって、更に統計学の要素も合わせ、現代に通用する個性の分類化が確立されている。

人間の性格のメカニズムを「気質」「気性」「習慣的性格」の3つに定義付けている。

柴咲コウとツマブキ聡はこのISD個性心理学から見たらどうなるであろうか?